これまで窪田柔道倶楽部を卒業した方々は沢山います!

卒業後も柔道での経験を活かし、様々な分野で活躍、社会貢献、生活されております。

沢山の卒業生の中から定期的に紹介したいと思います!

第一回となるのは第15期卒の本野美樹さん!

現在、なんと総合格闘家として活躍されています!

そんな美樹選手の幼少期においてのクラブでの様子を窪田浩二先生に伺うと、、

『道場のすぐ近くに住んでいた幼児のミキちゃん!一人っ子のミキちゃんは、一つ上のみゆき先生と仲良くなり姉妹のように遊んでいました。自然と柔道場に顔を出すようになり、遊び半分で柔道を始めました。物静かで、内気なミキちゃんですが、いざ柔道を習い始めると、とにかく一生懸命!寡黙に稽古をする女の子!メキメキ強くなったが、同期の北浦大基くんにいつも正選手の座をとられて悔しがっていました。小学生高学年になると県内女子はもちろん、男子にも負ける事が無いくらい強くなりました。
毎日のランニング、自主トレーニング、稽古に向かう姿勢は、本当に一生懸命でした。』

との事でした!

そして本野美樹選手からクラブの後輩たちへメッセージを貰いました!

「やりたいこと、柔道を思いっきり楽しみながら、挑戦する事を恐れず一生懸命頑張ってください!みんなの活躍を楽しみしてます!」

これからも柔道をベースに窪田倶楽部、金沢、石川県、そして

日本を代表する格闘家になって欲しいと思います!

みんなで応援しましょう!!

頑張れ美樹!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です