1月1日に発生した能登半島地震において、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

幸いにも金沢にある窪田倶楽部は、選手、コーチ、道場共に全て無事でした。

 

能登から金沢へ1.5次避難あるいは2次避難されてきた方が多くいらっしゃいます。

 

窪田倶楽部としても何か力になれないかと考え、1.5次避難所となっている「額谷ふれあい体育館」にて「体操教室」を始めました。

避難所での生活は、身体を動かしたり、運動する機会がどうしても減ってしまいます。

そこで、座ってできる体操や簡単な運動を一緒に行い、避難者のみなさんの健康維持に少しでも協力できればと考えています。

教室には、山下泰明先生、近藤俊先生、近藤涼子さん、が日替わりで担当し、はじめは様子を伺う方もいましたが、少しずつ人が集まり約30名ほどの方に参加していただきました。

 

看板の制作をお願いされる場面も。

 

また炊き出しとして「キッチンカードリーム」から大判焼きを、保護者の方々のご協力もいただきながら避難所の皆さんに配りました。

ハート形の可愛い大判焼きに笑みこぼれる方も。

窪田柔道倶楽部として、「できる範囲でできることを」ということで、この支援活動は引き続き実施していく予定です。

 

窪田柔道倶楽部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です