1月OB&OG活躍報告とコロナウイルス対応に関して

1月30日に開催された石川県女子柔道選手権大会において

OG達が素晴らしい成績を納めました!

優勝:橋高朱里選手(金沢学院大教)

準優勝:辻ななる選手(津端高校3年生)

三位:前川菜央子選手(金沢学院4年生)

おめでとうございます!!

3名は北信越出場権を同門出身で見事獲得!

みんなで応援しましょう!!

このコロナ禍で、今大会に向けての練習やコンディションを整えるのは、とても大変だったと思いますが、

結果を出せる強さも、小さい時からの頑張りが活きてくれていると感じました。

 

****************

続きまして、1月22、23日に行われた全国高校選手権大会石川県予選において

OBの石川大真選手(鶴来高校2年)団体・個人どちらも優勝し全国大会への出場権を獲得しました!

また、個人戦においても5階級中3名のOBが決勝戦へ。

結果は、左から

大谷和馬選手:-73準優勝

石川大真選手:-66優勝

松川想良くん:無差別 準優勝

卒業後も倶楽部は選手たちを応援し続けます。

*******************************

オミクロンの波で、若年層の感染が爆発的に増え、小中学校の休学、休校、部活動停止等の報告を受けています。

中学生、小学生ともに大会の中止を受け残念な思いでいっぱいです。

まず、何よりも子供たちの健康を考え、窪田倶楽部の稽古時間の変更や活動休止を余儀なくされております。

1/31~2/6まで窪田倶楽部活動休止

2/7より再開を予定しています。

前を向いて進みましょう!コロナに負けない身体づくりを練習で手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。