皇后杯北信越予選大会OG出場 ~蔓延防止延長について~

3月6日(日)福井県立武道館において令和4年皇后杯全日本女子柔道選手権北信越大会が開催されました!
窪田倶楽部から3名のOGが出場(石川県予選の模様は前回のブログに👇)

1月OB&OG活躍報告とコロナウイルス対応に関して

 

第1シード 橋高朱里選手(金沢学院大教員)

2シード 辻ななる選手(津幡高校)

第3シード 前川菜央子選手(金沢学院大学)

橋高選手は順当に勝ち上がり決勝戦へ進み、辻選手と前川選手が準決勝戦で激突し、互いに攻め続け、ラスト辻選手の決めにいった技に合わせた返し技(裏投げ)で前川選手が初の決勝に駒を進め、前川選手は2試合連続の同門対決となりました

優勝 橋高選手(代表権獲得)
決勝で敗れた前川選手は、橋高選手に敗れた選手との代表決定戦に惜しくも敗れ代表補欠(第3代表)となりました。

出場した3名お疲れさまでした!OGOBの活躍は道場生の励みになります!希望をありがとう!

また、前川選手、辻選手は4月より社会人、大学生として新生活がスタートします。

窪田柔道倶楽部は、全ての卒業生をいつまでも応援しています。

橋高選手の全国大会は、4月17日(日)横浜武道館 みんなで応援しましょう!!

さて、いつまでも続くコロナ自粛。。(;一_一)
6日に解除・稽古再開と思いきや、再々延長。。
稽古不足で不安や憤りもありますが、もう少し、もうちょっと我慢をお願いします。まず、なにより健康が第一です。健康な身体には、健全な心が宿ります。
予定として、22日より正常(通常)の時間帯に戻れる事を指導者一同願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。